「舞浜の空は青いか」

2006.9.21放送

脚本
村井 さだゆき

絵コンテ
中山 勝一

演出
中山 勝一

作画監督
鎌田 祐輔(キャラ)
池田 有(メカ)


オケアノスとガルズオルムの最終決戦は熾烈を極めた。
ゼーガペイン・フリスベルグは戦線を離脱し、舞浜サーバーの盾となって戦うゼーガペイン・ガルダは、必殺技ホロボルトプレッシャーを使用したため、QL切れで倒れてしまう。絶体絶命の舞浜サーバーに襲いかかるアンチゼーガ。
間一髪、復活したゼーガペイン・アルティールはキョウとリョーコのコンビネーションで辛くもアンチゼーガを撃退する。
一方、ミナトたちはシマから託された「QL積層化技術」や「幻体修復プログラム」のデーター解析を続けるが、たとえ持ち帰れたとしてもセレブラムには実現不可能という結果に絶望する。