光の一滴

2006.9.14放送

脚本
桶谷 顕

絵コンテ
黒木 冬

演出
雄谷 将仁

作画監督
牧 孝雄(キャラ)
有澤 寛(メカ)


孤軍奮闘するも、QL切れでオケアノスへ帰還するゼーガペイン・フリスベルグ。ジフェイタスの電脳空間でアンチゼーガ・マインディエの猛攻にさらされるゼーガペイン・アルティール&ガルダ。
事ここに至り、シマは最終作戦の失敗を認め、舞浜サーバーへの総員退避を命じる。
「今日まで……そばにいて……くれて、ありがとう」
シマの優しい言葉に、思わずシマにすがりついて涙にむせぶミナト。瀕死のシマとA・I達を残し、次々と転送消滅するシズノ達。すると、シマも光と化して、いずこかへ転送されていく。
電脳空間内でも、ピンチのアルティール&ガルダが光となって消滅した。驚くアビス&シンだが、すぐにその探査に取りかかる。